出典:デジタル大辞泉(小学館)

比例代表制選挙において、各政党に配分される議席の算定方法の一。各政党の得票数を1から順に整数で割っていき、その商の大きい順に議席を与える方式。日本では昭和58年(1983)の参議院議員選挙から採用された。考案者であるベルギーの法学者ドント(V.d'Hondt)の名にちなむ。