出典:デジタル大辞泉(小学館)

操り人形の一種。頭が平たく、顔の青黒い奇怪な風貌 (ふうぼう) の道化人形で、人形浄瑠璃の間 (あい) 狂言を演じた。寛文・延宝(1661~1681)のころ、江戸の野呂松勘兵衛という人形遣いが始めたという。現在、佐渡島などに残存。のろま。→曽呂間 (そろま) 人形

[生活/その他]カテゴリの言葉