出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. こせこせしないでのんびりしているさま。

    1. 「―と育って世間の塩風の辛いのも寒いのも知らぬ男」〈露伴・露団々〉

  1. 漫然と振る舞うさま。ふらりと。

    1. 「露地の中から、蜥蜴 (とかげ) のように、―と出て」〈鏡花・日本橋〉