ひ‐がい【被害】 の意味

  1. 損害や危害を受けること。また、受けた損害や危害。「台風の被害をまぬがれる」「被害にあう」⇔加害
  • 名詞

ひ‐がい【被害】の慣用句

  1. ひがいしゃ【被害者】
    • 被害を受けた人。
  1. ひがいしゃいしき【被害者意識】
    • 必ずしも被害を受ける立場にあるわけではないのに、自分は被害を受けている、受けるに違いないと思い込むこと。また、自分の誤った行為を正当化するために、責任を他者や生育環境などに転嫁し、自分こそ被害者だと思い込むこと。
  1. ひがいしゃさんかせいど【被害者参加制度】
    • 殺人や傷害、業務上過失致死傷など一定の犯罪の被害者やその家族、および委託を受けた弁護士が、刑事裁判に直接参加することができる制度。事件担当の検察官を通じて裁判所に参加を申し出、許可されると、被害者参加人として公判に出席し、証人尋問・被告人質問・論告を行うことができる。平成19年(2007)6月成立の「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事訴訟法等の一部を改正する法律」に基づいて、平成20年(2008)12月1日から導入された。
    • [補説]被害者参加制度は犯罪被害者支援策の一つとして導入されたが、一般の市民が刑事裁判に参加する裁判員制度の対象事件と重なることから、審理の混乱や重罰化を懸念する見方や、裁判に参加した被害者やその家族が法廷で二次被害を受けることを懸念する見方もある。
  1. ひがいち【被害地】
    • 災害によって損害を受けた土地。被災地。
  1. ひがいもうそう【被害妄想】
    • 他人から危害を加えられると信じる妄想。統合失調症に多くみられる。
  1. ひがいりゅう【被害粒】
    • 米穀検査における米粒の区分の一つ。病害・虫害などで損傷した粒や、発芽した粒など。
  • ひ‐がい【被害】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・彼はここに住んでいる被害妄想狂の瑞典人だった。

      芥川竜之介「歯車」

    • ・・・使用人同様の玄関番の書生の身分で主人なり恩師なりの眼を窃んでその名誉に泥を塗るいおうようない忘恩の非行者を当の被害者として啻に寛容するばかりでなく、若気の一端の過失のために終生を埋もらせたくないと訓誡もし、生活の道まで心配して死ぬまで面倒を・・・

      内田魯庵「三十年前の島田沼南」

    • ・・・ 神田の新銀町の相模屋という畳屋の末娘として生れた彼女が、十四の時にもう男を知り、十八の歳で芸者、その後不見転、娼妓、私娼、妾、仲居等転々とした挙句、被害者の石田が経営している料亭の住込仲居となり、やがて石田を尾久町の待合「まさき」で殺・・・

      織田作之助「世相」