あから‐ひく【赤ら引く】 の意味

  1. [枕]
  1. 明るく照り映える意から「日」「朝」にかかる。
    • 「―日も暮るるまで」〈・六一九〉
  1. 赤みを帯びる意から「色」「肌」にかかる。
    • 「―肌も触れずて」〈・二三九九〉