出典:デジタル大辞泉

古代インド神話で火の神。人間と神の媒介者で、太陽・稲妻などになって、暗黒と邪悪を滅ぼす。仏教では火天 (かてん) をいう。阿耆尼 (あぎに) 。

出典:青空文庫