出典:デジタル大辞泉(小学館)

レーザーを用いて遠隔かつ非接触で、トンネルやビルの壁などの異常の有無を検査する手法。表面のひび割れや凹凸を0.1ミリメートル程度の高分解能で計測する。実際に作業者が目視と手作業で行う打音検査に替わる技術として期待され、実用化に向けた研究開発が進んでいる。