出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「説苑 (ぜいえん) 」貴徳から》人を深く愛すると、その家の屋根にとまっている烏 (からす) にまで愛がおよぶようになるということ。愛情の深いことのたとえ。