出典:デジタル大辞泉(小学館)

臆病者が、信心とは関係なく、神々の名を次々に唱えて助けを求めること。