出典:デジタル大辞泉(小学館)

恩を受けた人よりも情けを受けた人のほうをありがたく思うものである。人は情に感ずるものであるということ。