• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

恩を受けた人よりも情けを受けた人のほうをありがたく思うものである。人は情に感ずるものであるということ。