朝腹(あさはら)の丸薬(がんやく) の意味

  1. すき腹に丸薬を飲んでも、腹の足しにならないこと。なんら益することのないたとえ。「朝腹の茶漬け」などともいう。