• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 岸の近くや川の瀬などで、水深の浅い場所。

  1. カレイ科の海水魚。全長約30センチ。目のある側は紫褐色の地に白点が散在。北日本のやや深海にすみ、産卵期には浅場に集まってくる。食用。あさばがれい。

[生物/動物名]カテゴリの言葉