1. イヌ科の哺乳類。体長45~90センチ、尾長30~55センチ。毛色は主に橙褐色。口先が細くとがり、耳が三角で大きく、尾は太い。雑食性で、ノネズミを狩るときには高く跳躍して前足で押さえる。日本にはキタキツネ・ホンドギツネの2亜種がすむ。森林や草原のほか人家周辺にも現れ、民話に多く登場。人を化かすといわれ、また稲荷神の使者ともされる。 冬》「公達 (きんだち) に―化けたり宵の春/蕪村

  1. 人をだます、ずるがしこい人。

  1. 《キツネは油揚げが好物といわれるところから》

    1. 稲荷鮨 (いなりずし) 

    2. ㋑「狐饂飩 (きつねうどん) 」「狐蕎麦 (きつねそば) 」の略。

  1. 《化粧をして男を迷わすところから》遊女。

    1. 「歌妓 (ねこ) は箱持 (はこや) の案内 (しるべ) に属 (つ) き、―は引手の家婢 (じょちゅう) にひかれ」〈魯文安愚楽鍋

  1. 狐拳 (きつねけん) 」の略。