与謝蕪村の解説 - 小学館 大辞泉

[1716~1784]江戸中期の俳人・画家。摂津の人。本姓は谷口、のち与謝と改める。蕪村は俳号。別号、宰鳥・紫狐庵。画号、四明・長庚・謝寅など。江戸に出て俳人早野巴人 (はやのはじん) (夜半亭宋阿)に入門。諸国放浪後、京都に定住、のち夜半亭2世を名のった。浪漫的、絵画的な俳風を示し、「春風馬堤曲」などの新体の詩も創作、中興俳諧の中心的役割を果たした。絵画では、池大雅 (いけのたいが) とともに日本南画の大成者とされる。著「新花摘 (しんはなつみ) 」「夜半楽」「蕪村句集」など。
大野洒竹によるの評伝。明治30年(1897)刊。

与謝蕪村の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 芸術家
出生地
摂津国東成郡毛馬村(現・大阪府大阪市都島区毛馬町)
生年月日
1716年
没年月日
1784年1月17日(享年68歳)
別表記
よさの・ぶそん

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉