池大雅の解説 - 小学館 大辞泉

[1723~1776]江戸中期の南画家。京都の人。名は勤 (きん) 、別号に霞樵 (かしょう) など。柳沢淇園 (やなぎさわきえん) 祇園南海と交わり、清人の伊孚九 (いふきゅう) の画法を学ぶ。日本南画の大成者とされる。また、書にもすぐれた。いけたいが。