• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柳沢淇園の解説 - 小学館 大辞泉

[1704~1758]江戸中期の文人・画家。字 (あざな) は公美 (こうび) 。柳里恭 (りゅうりきょう) ともよばれる。大和郡山藩の重臣。儒仏・医学・書画など16芸に通じたといわれる。特に絵画は精緻 (せいち) で豊麗な色彩の花鳥画のほか指頭画 (しとうが) にもすぐれ、南画の先駆者の一人とされる。著「ひとりね」など。