俳諧の流儀・風体 (ふうてい) 。俳句の作風。「蕉門 (しょうもん) の―」

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫