出典:デジタル大辞泉(小学館)

葦の若芽。

「―のごとく萌えあがるものによりてなれる神の名は」〈・上〉