出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1892~1971]落語家。8世。東京の生まれ。本名、並河益義。「明烏 (あけがらす) 」「船徳」などを得意とし、名人とうたわれた。