出典:デジタル大辞泉(小学館)

家の召使い。

「其家の―らしい、十四五の少年を」〈花袋・重右衛門の最後〉