か‐ほど【×斯程】 の意味

  1. [副]この程度。これほど。
    • 「(神ガ人間ノ顔ニツイテ)当初から胸中に成算があって―の変化を示したものか」〈漱石吾輩は猫である
  • か‐ほど【×斯程】の例文

    出典:青空文庫

    • 斯程解らぬ無形の意を只一の感動に由って感得し、之に唱歌といえる形を付して尋常の人にも容易に・・・

      二葉亭四迷「小説総論」

    • ・・・その度に、斯程の誤解と、混乱があるのでは、どうしたらいいのか。

      宮本百合子「二つの家を繋ぐ回想」