出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 虎 (とら) の毛皮。敷皮・尻鞘 (しりざや) などに用いる。

  1. 虎の毛皮で威 (おど) した平家重代の鎧 (よろい) 。

    1. 「重代の鎧―といふ着背長 (きせなが) をば、唐櫃 (からびつ) にいれて」〈平家・五〉

  1. 江戸時代、オランダから渡来した羊または鹿のなめし革。

    1. 「空より―の巾着 (きんちゃく) 舞ひ下がり」〈浮・禁短気・三〉