出典:デジタル大辞泉(小学館)

《中世に用いられた「かわし(為替)」の音変化》

  1. 遠く隔たった者の間に生じた金銭上の債権債務の決済または資金移動を、現金の輸送によらずに行う仕組み。現在では、内国為替外国為替送金為替と取立為替などに分類される。

  1. 為替手形」の略。

  1. 為替に関する業務。

  1. 取り替わすこと。ひきかえ。交換。

    1. 「虎御前を助け申し候へば、お礼は―に仕る」〈浄・百日曽我