こうし‐かん〔‐クワン〕【公使館】 の意味

  1. 公使がその駐在地で事務を取り扱う所。国際法上、不可侵権治外法権が認められる。
  • こうし‐かん〔‐クワン〕【公使館】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・北京にある日本公使館内の一室では、公使館附武官の木村陸軍少佐と、折から官命で内地から視察に来た農商務省技師の山川理学士とが、一つテエブルを囲みながら、一碗の珈琲と一本の葉巻とに忙しさを忘れて、のどかな雑談に耽っていた。

      芥川竜之介「首が落ちた話」

    • ・・・ 憤慨と、軽侮と、怨恨とを満たしたる、視線の赴くところ、麹町一番町英国公使館の土塀のあたりを、柳の木立ちに隠見して、角燈あり、南をさして行く。

      泉鏡花「夜行巡査」

    • ・・・深い樹立のなかには教会の尖塔が聳えていたり、外国の公使館の旗がヴィラ風な屋根の上にひるがえっていたりするのが見えた。

      梶井基次郎「ある崖上の感情」