出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《連語「あらる」+打消しの助動詞「ず」の連体形》あるまじき。とんでもない。
  • 「山林に入りても餓 (う) ゑを助け、嵐を防ぐよすがなくては―わざなれば」〈徒然・五八〉