出典:デジタル大辞泉(小学館)

垢離を掻 (か) く」に同じ。

「明方の三時から、夜の白むまで垢離取って」〈鏡花歌行灯