• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

泉鏡花の小説。明治43年(1910)発表。能楽宗家の養子喜多八を主人公に、芸術至上主義神秘主義とが融合した境地を描く。