【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

アラビア数字/ローマ数字/漢数字/算用数字 の解説 - 小学館 類語例解辞典

アラビア数字/ローマ数字/漢数字/算用数字 の共通する意味

数字の書き方の種類。

国語辞書で調べる アラビア数字 ローマ数字 漢数字 算用数字

アラビア数字/ローマ数字/漢数字/算用数字 の使い分け

「アラビア数字」は、インドで考え出され、アラビアを通じて広まった数字。[英]Arabic numerals
「ローマ数字」は、古代ローマで発達した数字。[英]Roman numerals
「漢数字」は、漢字のうち数を表わすもの。
「算用数字」は、アラビア数字のこと。筆算に用いる数字であったところからこの名がある。
たとえば、「アラビア数字」で「1、5、10」と表記する数を、「ローマ数字」では「I、V、X」、「漢数字」では「一、五、十」と表記する。

カテゴリ

#文化#言語・文字