• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《「おいりそうろう(御入り候)」の音変化》
  1. 行く」「来る」の尊敬語。

    1. 「汝はどこから―・さうたぞ」〈四河入海・一〇〉

  1. (補助動詞)動詞・形容詞または助動詞「たい」「だ」の連用形に付いて、「である」の意の丁寧語として用いられる。

    1. 「信陵君は縁者で―・さうほどに」〈史記抄・平虞列伝〉

[補説]歴史的仮名遣いは「おりさふ」とも。