[動カ変][文]く[カ変]
  1. 空間的に離れているものが自分のいる方・所へ向かって動く。また、近づく。

    1. ㋐こちらに近づいたり着いたりする。接近・到着する。訪れる。「バスがた」「留守に友人がた」「霜のないうちに取り入れを済ませる」

    2. ㋑自分が今いる所を、再び、また以前にたずねる。やってくる。「いつかた町」「また明日ます」

    3. ㋒物が届く。「便りがくる」「ようやく注文した本がた」

    4. ㋓鉄道・水道などの設備が通じる。「この町にはまだガスがていない」

  1. 時間的に近づく。ある季節・時期・時間になる。「春がた」「時間がたので終わりにする」「行く年くる年」

  1. 事態が進んで、ある状態に至る。「もはや救いようのないところまでている」「使いづめでがたがくる」「もともと体が弱いところへて、この暑さですっかりまいってしまった」

  1. (「…からくる」の形で)

    1. ㋐そのことが原因・契機になってある事態が生じる。起因する。「疲労からた病気」「倒産は経営の不手際からている」「信念からくる実行力」

    2. ㋑由来する。「ギリシャ語からた言葉」

  1. 何かによって、ある反応・感覚・感情が起こる。「ぴんとくる」「胸にじんとくる温かい言葉」

  1. (「…ときたら」「…ときては」「…とくると」などの形で)ある物事を特に取り上げ強調して言う意を表す。特に…の場合は。…について言うと。「酒とくると、からっきしだめだ」「甘い物とたら、目がない」

  1. 《近世語から》恋い慕う気持ちが起こる。ほれる。

    1. 「君はよっぽど、どら吉 (きち) にているな」〈逍遥当世書生気質

  1. あるやり方でこちらに働きかける。「数でられたらかなわない」

  1. (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」が付いた形に付く。

    1. ㋐少しずつ移行したり、程度が進んだりして、しだいにその状態になる。だんだん…になる。「日増しに暖かくなってた」「最近太ってた」

    2. ㋑ある動作・状態が前から続いている。ずっと…する。…しつづける。「再三、注意してたことだが」「改良を重ねてた品種」

    3. ㋒ある動作をしてもとに戻る。…しに行って帰る。「買い物に行ってくる」「外国の事情をつぶさに見てようと思っている」

    4. ㋓ある動作・状態をそのまま続けながら、こちらへ近づく。また、そのようにしてこちらへ至る。「敵が押し寄せてくる」「付き添ってくる

[補説](1) 古くは「からうじて大和人むと言へり。よろこびて待つに」〈伊勢・二三〉のように、行く意で用いられる場合がある。これは目的地に自分がいる立場でいうのであって、結果としては1と同じ用法。現代でも、相手に向かって「あすの同級会にはますか」という言い方をすることがあるのも、これと同じ発想。(2) 命令形は、古くは「いづら、猫は。こち率 (ゐ) て」〈更級〉のように、「こ」だけの形が用いられ、「こよ」が用いられるのは中世以後。(3) 4㋐は、多くぐあいの悪いことが起こる場合に用いられる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫