• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坪内逍遥の小説。明治18~19年(1885~1886)刊。小町田粲爾 (こまちださんじ) という書生と芸妓との恋愛を中心に、当時の書生風俗の諸相を写実的に描き、「小説神髄」の理論の実践化を図ったもの。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉