[動マ上一][文][マ上一]
  1. 目で事物の存在などをとらえる。視覚に入れる。眺める。「みれみるほど良い服」「星空をみる

  1. 見物・見学する。「映画をみる

  1. (「看る」とも書く)そのことに当たる。取り扱う。世話をする。「事務をみる」「子供のめんどうをみる

  1. 調べる。たしかめる。「答案をみる

  1. (「試る」とも書く)こころみる。ためす。「切れ味をみる

  1. 観察し、判断する。また、うらなう。評価する。「人をみる目がない」「運勢をみる」「しばらくようすをみる

  1. (「診る」とも書く)診断する。「脈をみる

  1. 読んで知る。「新聞でた」

  1. 身に受ける。経験する。「痛い目をみる

  1. 10 (ふつう、前の内容を「と」でくくったものを受けて)見当をつける。そのように考える。理解する。「遭難したものとられる」「一日の消費量を三千トンとて」

  1. 11 夫婦になる。連れ添う。

    1. 「さやうならむ人をこそめ」〈・桐壺〉

  1. 12 (補助動詞)動詞の連用形に「て」を添えた形に付く。

    1. ㋐「てみる」の形で、ためしに…する、とにかくそのことをする意を表す。「一口、味わってみる

      「男もすなる日記といふものを、女もしてむとてするなり」〈土佐

    2. ㋑「てみると」「てみたら」「てみれば」などの形で、その結果、ある事実に気づいたり、その条件・立場が認められたりすることを表す。「踏みこんでみるともぬけのからだった」「親としてみれば、そう言わざるをえない」

出典:gooニュース

出典:青空文庫