【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

[名・形動]

  1. 仲間や身寄りがなく、ひとりぼっちであること。思うことを語ったり、心を通い合わせたりする人が一人もなく寂しいこと。また、そのさま。「—な生活」「天涯—」

  1. みなしごと、年老いて子のない独り者。

    1. 窮民—の飢ゑをたすくるにも非ず」〈太平記三三

[派生]こどくさ[名]

南スーダン北東部の都市旧称ファショダ。白ナイル沿いに位置する。古くはシルック民族王都。1898年、英国軍とフランス軍が衝突したファショダ事件の地として知られる。

気づかれないように毒を盛って人を害すること。また、その毒。

「人の命を取ること鴆毒 (ちんどく) 、—より速かにて」〈浄・関八州繋馬〉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。