[副](スル)
  1. 針などを浅く、繰り返し突き刺すさま。また、そのような痛みを断続的に感じるさま。ちくりちくり。「ちくちく(と)縫う」「心がちくちく(と)痛む」「とげがささってちくちくする」

  1. 聞く者の心に突き刺さるように、皮肉などを繰り返して言うさま。ちくりちくり。「ちくちく(と)いやみを言う」「ちくちく愚痴をこぼす」

  1. 物事が少しずつ積み重なるさま。徐々に。

    1. 「年々―に居留地を広めた事」〈西周明六雑誌二三〉

  1. こまぎれに連なるさま。こまごましたさま。

    1. 「車の残り参る、―と御支配あり」〈御湯殿上日記

出典:青空文庫