• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《格助詞「」+係助詞「」。古くは「とそ」とも》
  1. 文中に用いて、「と」の受ける叙述を強調する意を表す。

    1. 「人もとぶらひつきぬれば、又はとふべき人もなし―、心のうちにおぼゆる」〈かげろふ・中〉

  1. 文末に用いて、一般にいわれている、または伝聞したことである意を表す。…ということだ。

    1. 「女院の御所など借り申す、故実なり―」〈徒然・一五六〉