• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形+過去の助動詞「けり」》…であった。…であったという。…であったよ。
  • 「春風の花を散らすと見る夢はさめても胸のさわぐ―◦けり」〈山家集・上〉