• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

副腎髄質から分泌されるホルモンの一。交感神経の作用が高まると分泌され、血糖量の上昇、心拍数の増加などを起こす。明治34年(1901)高峰譲吉が初めて結晶化した。強心剤や血圧上昇剤などに利用。エピネフリン。エピレナミン。→ノルアドレナリン

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉

出典:gooニュース