• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

副交感神経とともに、高等脊椎動物の自律神経系を構成する神経。脊柱の両側を走る幹から出て内臓や血管・消化器・汗腺などに分布。心臓の働きの促進、血管の収縮、胃腸の働きの抑制、瞳孔の散大などの作用がある。

[医学/人体]カテゴリの言葉

出典:gooニュース