(オランダ)zenuwの訳語で、杉田玄白ほか訳「解体新書」に現れる語。神気経脈の意》

  1. からだの機能統率し、刺激を伝える組織中枢神経脊髄)と末梢神経脳神経脊髄神経自律神経)に大別される。神経系構成する神経細胞(ニューロン)は、1個の細胞体とそこから伸びる多数突起から成り、最も長い突起軸索神経線維)と呼ばれる。また、末梢神経系にみられる神経線維の束を神経という場合もある。

  1. 物事に感じ、それに反応する心の働き。また、特に過敏な心の働き。感受性。「—が細い」「—が高ぶる」「—をすり減らす」「無—」

[生物]の言葉

[生物学の言葉]の言葉

[医学]の言葉

[人体]の言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。