• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Catedral del Salvador de Ávila》スペイン、カスティーリャ‐レオン州の都市アビラにある大聖堂。12世紀から16世紀にかけて建造され、ロマネスクゴシック両様式が見られる。かつて、旧市街を取り囲む城壁の一部として防備の役割を担わされた。1985年「アビラの旧市街と城壁外の教会群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。アービラ大聖堂。