Kopalnia soli Wieliczka》ポーランド南部、クラクフ近郊の町ウェリチカにある岩塩坑。10世紀に採掘が始まり、13世紀に王室所有となった。地下約60メートルから330メートルまで9層にわたって採掘坑が張りめぐらされ、その全長は300キロメートルに及ぶ。地下101メートルには祭壇や彫像がすべて岩塩でできている聖キンガ礼拝堂がある。1978年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ビエリチカ岩塩坑。