Duomo di Orvieto》イタリア中部、ウンブリア州の都市オルビエートにある大聖堂。13世紀末から14世紀半ばにかけて建造された。着工当初はロマネスク様式だったが、最終的にゴシック様式の教会として完成。その後も増改築が続けられた。ファサードは、モザイクで「聖母の戴冠」を描いた破風 (はふ) と繊細な彫刻が施されたバラ窓の美しさで知られ、同国屈指のゴシック建築の傑作とされる。内部のサンブリツィオ礼拝堂にはルカ=シニョレリフラ=アンジェリコが手がけたフレスコ画がある。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉