Parque Nacional Canaima》ベネズエラ東部、ギアナ高地の中心部にある国立公園。総面積約3万平方キロメートル。テプイとよばれる標高差1000メートルにもおよぶテーブル状の山々が多数散在し、世界最大の落差をもつアンヘル滝がある。切り立った断崖で囲まれたテプイには、それぞれ原始的な特徴をもつ固有の動植物が独自の生態系を形成している。1994年、世界遺産(自然遺産)に登録された。