• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ドイツ東部、ザクセン州の都市。ポーランドとの国境を流れるナイセ川に面する。1949年から1990年まで旧東ドイツに属した。第二次大戦後、ドイツとポーランドの国境として適用されたオーデル‐ナイセ線により、旧市はナイセ川で二分され、東岸はポーランドに帰属しズゴルゼレツと呼ばれた。中世には塩や麻などの交易で栄えた。哲学者のヤコブ=ベーメの出身地としても知られる。