• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

タイ中北部の都市。スコータイ県の県都。チャオプラヤー川の支流ヨム川沿いに位置する。13世紀半ばにタイ族初のスコータイ朝が開かれ、14世紀半ばまで王都となった。第3代王ラームカムヘーンの時代に盛期を迎え、多くの仏教寺院がつくられた。市街西郊のスコータイ歴史公園には、城壁に囲まれた宮殿や寺院群の遺跡があり、近隣の歴史公園とともに、1981年に世界遺産(文化遺産)に登録された。