《「」と同語源で、表に見えないものの意から》

  1. こころ。思い。内心。→心 (うら) もなし

  1. 形容詞・動詞に付いて、心の中で、心の底からの意を表し、さらにその意が弱まって、何ということなく、何とはわからず、おのずからそのように感じられるの意を表す。「―悲しい」「―寂しい」「―荒 (さ) ぶ」

事物に現れる現象や兆候によって神意を問い、事の成り行きや吉凶を予知すること。うらない。うらえ。

「武蔵野に占部 (うらへ) かた焼きまさでにも告 (の) らぬ君が名―に出にけり」〈・三三七四〉

  1. 植物の葉や枝の先。こずえ。うれ。

    1. 「小里なる花橘 (はなたちばな) を引き攀 (よ) ぢて折らむとすれど―若みこそ」〈・三五七四〉

  1. すえ。端。「―弭 (はず) 」

[補説]古くは「うれ」が単独で用いられたのに対し、「うら」は「うら葉」のような複合形に用いられることが多い。

《「」と同語源で、外海に対して内側の意》

  1. 海や湖が湾曲して陸地に入り込んだ所。入り江。

  1. 海辺。浜。

    1. ㋐二面ある物の、表面と反対側の面。裏面 (りめん) 。うしろ。「写真の―に撮影年月日を記す」「紙の表と―を間違える」⇔

    2. ㋑物体の、こちらからは見えない向こう側の面。「月の―」

    3. ㋒物体の、下になっている面。「足の―」「靴の―を張り替える」

  1. 物の正面と反対になる側。また、その陰になっているところ。「たんすの―」「舞台の―」⇔

    1. ㋐建物の後ろになる側。「昨夜―でぼやがあった」⇔

    2. ㋑建物の後ろ側にある出入り口。裏口。「―のドアにかぎをかける」「―から入る」⇔

  1. 衣服の内側につける布。裏地。「―がすりきれる」⇔

    1. ㋐表向きでない面。人の目にふれない面。「表と―では態度が違う」「―で何を考えているのかわからない」⇔

    2. ㋑公表をはばかるような事情。隠されている事柄。内情。「彼の言うことには何か―がある」「芸能界の―」

    3. ㋒好ましくないことが表面に現れずに行われるところ。「―で金を動かす」「―で教唆している人物がいるに違いない」

  1. 普通と反対のこと。逆。「世間の考えそうなことの―を行く」

  1. 主だっていないこと。中心でないこと。「―作」「―街道」「―番組」

  1. 裏千家」の略。

  1. 二度あるものの、あとのほう。

    1. ㋐野球で、後攻チームが攻撃する時。「九回―の攻撃」⇔

    2. ㋑同じ遊女と二度遊ぶこと。また、二度目に来た客。→裏を返す

  1. 10 裏づけ。証拠。

  1. 11 論理学で、「pならばqである」に対して、仮定と結論をともに否定した「pでなければqでない」という形式の命題。最初の命題が真でも、裏命題は必ずしも真ではない。

  1. 12 連歌・俳諧で、句を書きつける懐紙の裏の面。特に初折(1枚目)の裏をいう。

  1. 13 内部。奥。うち。

    1. 「天地 (あめつち) の底ひの―に我 (あ) がごとく君に恋ふらむ人はさねあらじ」〈・三七五〇〉

[代]《「おら」の音変化》一人称の人代名詞。おれ。われ。
  • 「―も握り飯食おう」〈中野重治・善作の頭〉

ブータン中部、ブムタン地方のウラの谷の村。元は遊牧民の村だったが、ジャガイモ栽培の導入により、農業が盛んになった。同国有数のマツタケの産地としても知られ、多くが日本に輸出される。

出典:青空文庫

出典:gooニュース