• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 植物の葉や枝の先。こずえ。うれ。

    1. 「小里なる花橘 (はなたちばな) を引き攀 (よ) ぢて折らむとすれど―若みこそ」〈・三五七四〉

  1. すえ。端。「―弭 (はず) 」

[補説]古くは「うれ」が単独で用いられたのに対し、「うら」は「うら葉」のような複合形に用いられることが多い。