1. ㋐二面ある物の、表面と反対側の面。裏面 (りめん) 。うしろ。「写真の裏に撮影年月日を記す」「紙の表と裏を間違える」⇔

    2. ㋑物体の、こちらからは見えない向こう側の面。「月の裏」

    3. ㋒物体の、下になっている面。「足の裏」「靴の裏を張り替える」

  1. 物の正面と反対になる側。また、その陰になっているところ。「たんすの裏」「舞台の裏」⇔

    1. ㋐建物の後ろになる側。「昨夜裏でぼやがあった」⇔

    2. ㋑建物の後ろ側にある出入り口。裏口。「裏のドアにかぎをかける」「裏から入る」⇔

  1. 衣服の内側につける布。裏地。「裏がすりきれる」⇔

    1. ㋐表向きでない面。人の目にふれない面。「表と裏では態度が違う」「裏で何を考えているのかわからない」⇔

    2. ㋑公表をはばかるような事情。隠されている事柄。内情。「彼の言うことには何か裏がある」「芸能界の裏」

    3. ㋒好ましくないことが表面に現れずに行われるところ。「裏で金を動かす」「裏で教唆している人物がいるに違いない」

  1. 普通と反対のこと。逆。「世間の考えそうなことの裏を行く」

  1. 主だっていないこと。中心でないこと。「裏作」「裏街道」「裏番組」

  1. 裏千家」の略。

  1. 二度あるものの、あとのほう。

    1. ㋐野球で、後攻チームが攻撃する時。「九回裏の攻撃」⇔

    2. ㋑同じ遊女と二度遊ぶこと。また、二度目に来た客。→裏を返す

  1. 10 裏づけ。証拠。

  1. 11 論理学で、「pならばqである」に対して、仮定と結論をともに否定した「pでなければqでない」という形式の命題。最初の命題が真でも、裏命題は必ずしも真ではない。

  1. 12 連歌・俳諧で、句を書きつける懐紙の裏の面。特に初折(1枚目)の裏をいう。

  1. 13 内部。奥。うち。

    1. 「天地 (あめつち) の底ひの―に我 (あ) がごとく君に恋ふらむ人はさねあらじ」〈・三七五〇〉