《「面 (おもて) 」と同語源》

[名]
  1. 物の二つの面のうち、主だったほう。表面。また、外側。「答案は表を上にして集める」「コインを投げて表か裏かで占う」「鏡の表」⇔

  1. 他のものより前に位置すること。前面。「長男を表に立てる」

  1. 畳・草履・下駄などの表面につけるござ。

  1. 衣服の表地。⇔

  1. うわべ。外見。「表を飾る」⇔

  1. 表向きのこと。おおやけ。公式。正式。「人生の表と裏に通じている」「表通り」「表参道」⇔

  1. 正面。家の入り口。「表から入る」⇔

  1. 家の外。戸外。また、家の前の通り。「表で遊ぶ」

  1. 野球で、各回の、先攻チームが攻撃する番。「七回表の攻撃」⇔

  1. 10表千家」の略。

  1. 11 連歌俳諧で、二つに折った懐紙の第一面。単に「おもて」というときは、初折 (しょおり) の第一面。

  1. 12 江戸幕府または大名家で、公的な事務や儀式をする所。商家では店をいう。

  1. 13 表座敷

    1. 「まづ―へと通らせられい」〈虎明狂・

  1. 14 人前にそれをはっきり示すこと。また、そのもの。証拠。

    1. 「安心の―とし」〈浄・念仏往生記〉

  1. 15 文書などの記載面。文面。

    1. 「御制札の―にまかせ、さうさうに是へ参りて」〈虎明狂・牛馬

[接尾]方角・場所などを示す名詞に付く。
  1. その方角に向かっていること、その側に面していることを表す。「南表」

  1. その方向の土地・地方を表す。「江戸表」「国表」